大手電機メーカーから人材業界へ、異業種への転職

Job Change

メーカーで働いた4年間 

私は新卒から4年間、いわゆる大手電機メーカーの”設計開発”という職種で働いていました。 
大手電力会社を顧客としオフラインのソフトウェアパッケージの納品、および年度改修を行っていました。具体的な業務内容は顧客との仕様打合せ、アルゴリズム考案、ベンダーコントロール、テスト(UAT)、顧客立ち合い試験等です。”設計開発”と言えど一般企業でいうマネジメントの仕事をしていました。 
仕事ってこんなものか、と思いながら一般の人と同じように先輩の下で働き、一般の人と同じように出張に行き、一般の人と同じように繁忙期は残業をして働いていました。自分のなかでも4年間働き、先輩がいなくても顧客との打ち合わせや契約を進めることができるようになり、人間的にも技術的にも成長できたと感じたことは間違いありません。

現状の違和感に気付く

大学の同級生と仕事の話をするなかで自分の仕事に対する違和感に気付き始めたのが3年目に差し掛かろうとしていた頃です。
例えば今会社が倒産したら自分は他の企業で働けるのか?要するに自分には他社でも通じるスキルを持っているのか?を自問自答するようになりました。答えはNoです。
他の人の仕事内容と比較する機会はありませんでしたが私の仕事はかなりニッチだということに気付きました。私が2年間で培ったきた知識と技術は、極論”この会社”でしか通用しないわけです。一生この会社の中でしか通用しない知識だけを使って箱の中に閉じて生活する将来を考えて本当に息苦しく感じたことを覚えています。こうして自分の働く環境や将来に対して違和感を覚えて転職を考え始めました。
上記を踏まえて転職したいと考えた理由を羅列すると「自分のスキル、将来性が不安だったから」「東京で働きたかったから」「社風(年功序列、昭和気質、風通しの悪さ)に疑問を持ったから」
こんな感じになります。東京で働きたい、という意図はプライベートはもちろんIT業界で学ぶ機会や環境が圧倒的に良いからです。例えば勉強会やカンファレンスの開催、人材多様性や質など。挙げればキリがありません。
社風に関しては正直歴史の長いメーカーであればどこもそうだと思います。でもYahooやGoogle、楽天がいい例ですが今の日本はその型から脱却しつつありますよね。我慢してまでその型にはまる必要はないと思ったからです。

転職に向けた勉強

これまでは私が転職を考えた環境の話をしましたが職種の話をします。
設計開発、一般的な企業ではプロジェクトマネージャー(以降PM)はプログラミングに対する知識はほぼ0でもできてしまいました。例えばUATでバグが発生しても「◯◯を操作してらエラーが起きた」「数値が想定した✕✕にならない」など言語ベースでしか会話ができません。それなのにエンジニアにあれこれ注文して上から偉そうに管理することが嫌でした。いっそベンダーのエンジニアさんに武者修行して教えを乞おうと思ったくらいです。そのため次転職するならば今の設計開発としての経験を活かしつつ、将来エンジニアになりたいと考えて転職に向けた勉強を始めました。
実際に私が使用したのは「CodeCamp」と「Progate」です。
CodeCampは課題での疑問点を講師に質問できるオンライン型のレッスン、Progateは全て自学で課題を進めていく(ほぼ)無料でプログラミングが勉強できるサイトです。
私は前者でJavaを、後者でHTML/CSSの基礎を身に着けました。「エンジニアになりたい!」と言ってもどんなエンジニアになりたいかという将来像がまだ明確に描けていなかった部分もあったため、フロント/サーバーサイドどちらでも基礎的な部分にあたる言語を勉強しようと考えており、どちらも約半年間で基礎をマスターすることができました。人間本気になれば多忙な仕事の合間でも時間を見つけて勉強できることも分かりました。

転職エージェントを利用し転職活動

初めての転職。始めは不安ばかりでしたが登録した転職エージェントのコンサルタントの方がとても親身になって話を聞いてくれる方で本当に助かりました。ここは本当に運だと思います。
私は1~3章で話したことを本当にそのまま話しました。その後はコンサルタントの方から提案された企業とにらめっこして職務経歴書の作成→書類選考→面接といった流れです。一番重要なところかもしれませんが、嬉しいことに特筆すべきことも無いぐらいすんなり内定先が決まってしまいました。
その期間約3か月。なんともあっけなかったです。元々面接は得意で自分の長所短所、アピールポイントなどを論理的かつ的確に話す力には長けていたと自負してるのでその面が大きかったのかもしれません。

”いい意味で”自分が無知だと気付く

ひとつの企業しか知らないのは本当にもったいない。

私がこの記事で一番伝えたいことです。私は転職して1ヶ月足らずで心の底から転職して良かったと感じました。
この会社に様々なバックグラウンドを持った幅広い年齢層の社員がいて話しているだけで刺激をもらえます。また自分ではぬぐい切れなかった「終身雇用制」という昭和の考えをバッサリ切り捨てることが出来ました。今でこそ社会の見方は変化しつつありますが、やはり転職=ネガティブというイメージがあります。ですが自分の成長を考えてステップアップするためにポジティブ理由で転職する人の方が圧倒的に多いのです。
また色々な企業を経験しているからこそ技術だけではなく、マネジメントのノウハウやハウツーなどを根拠を持って還元できる点も素晴らしいと感じました。
こういった面で自分はあまりにも無知だと気付き、転職に対する考え方大きく変わりました。

PM、そしてエンジニアへ 

現在入社してから1年9か月ほど経ちます。最初の1年はPMとしてWebサイト刷新のPMとして複数のPJTのリードをしながらフロント/サーバーサイドやITの知識をつけてエンジニア移行の準備期間と捉えて業務を遂行しました。ここでも前職だったら考えられない、というよりこれが本当のPMなんだという程ITに関する知識に無知だった自分に驚き、必死に勉強しました。
そして今年の4月から、晴れて同部署のエンジニアとしてWebサイトのフロント/サーバーエンジニアとして業務をしています。ひとえに今の会社に転職して以前にもまして将来への”危機感”が今の自分を実現したと思っています。まだまだ未熟ですが転職して私はある程度「プログラミング」というスキルを手にしました。このことがどれだけ自分にとって大きな価値であるかはこれまでの経緯を見れば火を見るよりも明らかです。
将来このスキルを活かして再度PMに戻るか、面白さを見出してこの道を極めるかはまだ分かりませんがこの財産を大切に更なる自己研鑽に励んでいきたいと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました